あいつの日誌β

人生はお酒があれば何とかなります。 drunkard.tokyo

スポル品川大井の人工的に波を発生させてサーフィンができる citywave を体験してきた

オカムラさん(@okamuuu2014)がシェアした投稿 -

※スタッフさんから許可をもらって撮影しました。

あらすじ

動画を見た瞬間にやりたくなりました。ということで今年の夏もっとも旬なスポーツ施設であるスポル品川大井の citywave で平日の 15:30-16:20 の初級コースのセッションに参加しました。

私はサーフィン経験は無いがすんなり立つ事ができた

私はサーフィンやった事がないのですが、去年ぐらいからスノボを始めていまして、たぶんそのおかげで結構簡単に立ち上がる事ができました。といってもスノボに数回行っただけなので、その程度の人でも簡単にできました。

初級コースは最初コース内に鉄棒を設置するのでそこに摑まりながら波に乗る練習をします。参加者はもう本当に老若男女だったのですが全員手放しで波の上に乗れるようになりました。

その後鉄棒をはずしてコースの端からボードに乗るのですがこれも思った以上に簡単でした。安定した波のおかげでボードに立つのはとても簡単。この時は最大5人までコースに入って練習できます。

そこから少しずつ体を倒したり、向きを変えたりしてコースの端から端まで移動する練習がはじまるのですが、この辺りで個人差があって上手に移動できる人とできない人がいました。この辺りから一人ずつコースに入るので失敗してもだれにもぶつからないから心配ありません。

怖くないのか?

ちなみに初級コースでは全員ヘルメットを装着します。かなり水流があるのでサーフボードから落ちるとかなり体が回転します。慣れない間は鼻に水がはいったり、プール底でやや体を打ちつけると思います。

私は痛いのと苦しいのが嫌なのでしばらく練習したら水流が弱まる場所まで(波が一番高いところ)移動してから後方に倒れる(もしくはそのまま後ろに流される)という技をマスターしたのであんまり嫌な思いしなかったのですが、2名ほどここでリタイヤしていました。たぶん 怖がってしまう -> 水流の強いところでバランスを崩す -> 波にもまれて体を打ったり鼻に水が入って苦しい -> 怖がってしまう の連鎖が生まれてしまったのではないかと思います。肩の力抜ければなんとかなるんでしょうけど。

気分はまるでドラゴンボール

そんなわけではじめてサーフィン*1をしてきたのですが永遠に波が安定しているせいか、とても気持ちがよかったです。きっと筋斗雲に乗るとこんな感じなんじゃないかな。

初級コースは人気があって、今の所あんまり空きが無いのですが、たぶんほとんどの人が1、2回で卒業できると思います。なので空いているうちに初級コースを一度でも体験しておけば次回から中級コースを予約できるので割と空いています。今がチャンスです。

ちなみに動画はセッションの合間にスタッフが波乗りしていたので撮影の許可をもらいました。すっごく楽しそうですね。

そんなわけですっかりお気に入りの遊びになってしまったので終わった後にすぐに次回の予約をいれてしまいました。みなさんも「はやく行った方がいい」と思います。

こちらからは以上です。

*1:海のサーフィンとはまた違うと思いますが